img_02

クレジットカードの使い過ぎを防ぐために

クレジットカードは、一時的に買い物代金などの支払いを先延ばしにすることができる、とても便利な道具です。また支払いに関しても、一括払いや分割払いなどがあるため、自分の経済状況に合わせて方法を選ぶことができ、それもメリットだと言えます。



ただいずれの方法にしても、代金を支払わなければならないことにかわりはないので、使い過ぎには注意が必要です。

クレジットカードを使い過ぎてしまうと、その後の請求に困る、あるいは支払いの際に発生する利息だけで結構な金額になってしまうことも考えられるためです。
クレジットカードの使い過ぎを防ぐためには、以下のような方法が効果的です。

まずはクレジットカードを持ち歩かないと言う方法です。いつでも、どこでも持ち歩いていると、つい気持ちが大きくなり、余計な買い物までしてしまう恐れがあります。



よってカードを持ち歩くのは本当に必要な時だけと決めておくと、使い過ぎを防ぐことができます。

それからクレジットカードを使用した買い物分のお金を、生活費などから抜き取っておくと言うのも使い過ぎを防ぐための方法です。

こうすることで、まず自分がいくら利用したのかが目に見えてわかります。



実際にお札や小銭を目にすると、使い過ぎかどうかと言うのはとても理解しやすいです。また抜き取った金額を、カードの利用代金が引き落とされる口座に入れるようにするのもおすすめです。


これをすると、プラスマイナスゼロになるので口座の中のお金が一方的に減っていくと言うことも防ぐことができるためです。

そして何より、使い過ぎには注意と言う意識を持つことです。


カードを使いそうになった時には、一度、立ち止まり、本当に必要かどうかと言ったことを考えることが求められます。