img_02

クレジットカードの審査に通りやすくするために

クレジットカードの審査は、信用力を判断するためには、一定の収入が定期的にあるかという返済力を見るための資力、お金に関して、決められた支払日にきちんと返済することが出来るかどうかなどを信頼性を見るための性格、負債の担保として、不動産や車、有価証券や貯蓄があるかどうかなど資産の3つの観点で審査が行われることになります。

クレジットカードによって、審査通過の基準は違いますが、一般的な最低限の基準として、信用情報に延滞などの事故情報が存在しないこと、年収が200万円以上あること、勤務年数や居住年数が1年以上であることなどがあります。



クレジットカードの審査に通りやすくなるためには、審査自体、先に挙げた3つの観点により行われることになりますが、記載内容でも判断されることがあります。申込書を記載する際に、審査に通りやすくするためには、まず、埋められる項目はすべて埋めることが大切です。埋められる項目に対して正確に書かない場合は、それだけで性格が疑われることになりかねないため、しっかりと埋められる内容に関しては書いておく必要があります。

次に、嘘は絶対書かないということも大切です。



クレジットカード会社は、個人信用情報機関に問い合わせて、情報を引き出すため、もし、申込書に嘘を書いたとしても簡単に見破られてしまいます。

もし、嘘を書いたことが分かれば、審査の評価を下げてしまうことになってしまいます。

正確に記入することによって、審査がスムーズに進むため、意識して記入することが大切です。