img_02

クレジットカードが急速に普及してきた理由

本当に多くの方々がクレジットカードを使い始めています。
日本はずっと現金主義の国でしたが、ここ数年でがらりと様子が変わりました。



スマートフォンよろしく今では老若男女問わず、大勢の一般消費者が利用しています。

以前は若者はカード決済、年配の方や専業主婦の方は現金で支払う事が多かったですが、今では大多数の方々がコンビニエンスストアやスーパーマーケットでカード決済を選択しています。一体なぜ、急速にカード決済の文化が現金主義が強かった日本の国で普及したのか、それにはいくつかの理由があります。

まず最初にクレジットカードで決済すると、お得なポイントが貯まるメリットが挙げられます。現金払いだと特に恩恵はありません。


しかし、カード決済をすれば購入した品物や店舗に関係なく、利用額に応じたポイント還元のサービスが受けられます。

一度あたりは僅かな還元率でも、毎日日用品を買うだけで、かなりのポイント額がゲット出来ます。
二つ目の理由として挙げられるのが利用出来るサービスや店舗の増加です。そもそも現金でしか決済出来ないお店がかつては大半でした。



そのため、一般消費者からすると現金主義になるしかなかった実情がありましたが、今では大多数の店舗でカード決済が可能となりました。

三つ目の理由としては、決済時の手間が減らせる利点です。



現金だと正しい額のお金をレジに立つまでに用意しなければいけません。しかしカード決済であればカードを差し出すだけで素早く品物が購入出来ます。

何かと多忙な現代社会では円滑にお買い物が出来るクレジットカードの方が現金よりも重宝します。