img_02

クレジットカードの現金化はいけない

クレジットカードのショッピング枠を使って現金を取得できるという、クレジットカード現金化業者というものがあります。これは、利用してはいけない存在です。



クレジットカードの現金化は、一見すると特に問題がないように思えますが、実質は高利の借金をしているのと同じことです。
現金化ののち、リボ払いや分割払いでクレジットカード会社に支払うこととなりますが、自分が手にすることができるお金は利用額よりもかなり少なくなります。



そもそも、そういった手段を利用する人が市新井をすることができるとは限りません。というよりも、大半は支払いが難しくなります。

こういったことから、クレジットカード現金化は使うべきではありませんし、そもそも規約で禁止されています。
もしばれてしまえば、それは債務不履行ということで契約を解除されてしまいます。

契約が解除されてしまえば、残額についてはすべて一括で請求されます。

これを支払うことは困難でしょう。

そこで、利用しないに越したことは有りません。

国の方も、消費者庁が利用をしないように言っていますし、その他の公共団体等も利用しないように呼び掛けています。

法律上はグレーゾーンに位置する存在であるため、取り締まりを完全にすることができない存在です。

その結果、利用してしまい支払いができなくなってしまうという人が後を絶ちません。



しかし、利用したら状況は悪くなるのは確実なので、現金化は使ってはいけません。