img_02

クレジットカードの審査について

生活の様々なシーンで現金なしで支払いができるクレジットカード。
近年はインターネットなどを始めとする通信販売などでも利用可能で非常に便利です。



クレジットカードの利用は非常に便利とはいえ、誰でもカードを持つことができるわけではありません。


一般的にはクレジットカードを持つためには所定の審査を受ける必要があります。
年齢制限としては一般的には高校生であったり、18歳以下の者はカードを持つことはできません。
また、クレジットカードでの支払いは信用取引であり、その人が代金を支払う能力があるとした上でカード会社が代金を建て替えるため、収入の有無が審査では非常に重要なポイントです。



一般的には18歳以上の高校生ではなく、継続的で安定的な収入があることがカードを申請可能な条件です。

申請を受けたカード会社は申請者が支払い能力があり、カードを持つに値をするかの審査を行います。

審査の際にはクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報を照会します。
その際に、過去に自己破産をしていたり、カード代金の支払いを滞納していることがわかった場合はカードの発行を拒否されることがあります。



特にゴールドカードやプラチナカードなど社会的な権威の高いカードでは年収やクレジットヒストリーはもとより、その人の社会的地位なども含めて審査を行います。

そのため、そのような審査の厳しいカードの審査をパスしたという点で、所持しているだけでその人の地位を暗に示すようなカードも存在します。