img_02

クレジットカードは上手に使いましょう

消費者に取って、物を購入する時、現金以外にもクレジットカードを持っていると、何かと好都合なことが多いです。
しかし、現金いらずで高額な買い物も可能となるため、きちんと理解し、正しく使用しないと、支払日になって慌ててしまうことにもつながりかねないので、自分が持っているカードの支払い日だけではなく、買い物の決算の締日も把握しておくようにしましょう。



出来る限り、クレジットカードを使ったら、その日付と金額をメモしておくなどして、どれくらいを使用しているのか、常に正確に把握しておくことです。



限られた収入の中で、家賃や光熱費など、必ず支払わなければならない固定費をのぞいて、余裕のある範囲でのみ使うようにしないと、たちまち収支のバランスが崩れてしまいます。

しかし、クレジットカード会社によって、使用した金額に対して、独自のポイントシステムを設けていることが多く、ポイントがたまれば、商品やキャッシュバック、金券などと交換できることもあるので、これは現金支払いでは得られないサービスとなるため、賢い消費者程、上手にクレジットカードを使い分け、ポイントを貯めて、還元させている方も多いです。



毎月の光熱費や携帯電話代などもクレジットカード決済ができることが多いので、そういった生活に必要なものにかかるお金に対しても、何らかの見返りをもらえるので、この不景気の時代においては、うまく利用しないのはもったいないでしょう。