img_02

クレジットカードを持つメリットは何か

クレジットカードを持っていると手元に現金がなくても商品が購入できるというメリットがあります。

しかし、その他にもいろいろなメリットがある事はあまり知られていないことも多いものです。クレジットカードを持っていると信用度が上がります。
それはカードを作る際に信用調査を行い合格した人だけがカードを作ることができるからです。

カードの種類による審査の違いはありますが、一定の収入が有りまた多額の借金が無いこと、或いは過去に金融事故と呼ばれる債務超過などを発生させたことがないことなどが審査に合格する条件となるため、クレジットカードを持っていることは一定の経済的な能力を持っているとされ、信用を得ることができることになります。



特に高い収入が無いと持つことができないゴールドカードやブラックカードについてはその信用性が非常に高く、多くの場面で優遇されることも少なくありません。



さらに、クレジットカードを持っていると様々なサービスが受けられる特典が付いていることも多いものです。


カードの種類によっても特典の内容が異なりますが、空港のラウンジを無料で使用できたり、レストランでの飲食代が割引されるといった特典が受けられることも少なくありません。

また、多くのカードではポイントが貯まると商品やサービスに交換できるといったサービスが受けられるのもメリットです。



このようにクレジットカードは持っているだけでもメリットが大きい物なのです。